高岡歯科医院:三鷹駅前・歯科・インプラント・審美・矯正歯科

高岡歯科医院フラワーコレクションへ 高岡歯科医院:デンタルニュースへ
最新歯科用3次元CTの導入

CTで何が変わる?

 

従来のレントゲンでは口の中や歯という本来立体的なものを2次元の平面的にしか見ることができず、その範囲内での診断しかできませんでした。そこに限界がありました。

その上に望遠鏡で遠くの景色を眺めるように、特定の一方向からだけしか見ることができません。その実体を調べたくて、いくら別な角度から見てみたいと思ってもかなわぬ夢でした。
しかしCTの登場によって歯や顎の骨を3次元的、立体的に様々な方向から見ることができ、診断できるようになりました。

診断が違えば治療法も変わり、お困りの症状の治療結果にも関わってきます。
またCTの3次元の高画質画像は、従来の撮影法では特定できない痛みや症状の原因の究明も役立ちます。

 

患者さんにとってのCTのメリットとは?

 

最も大きなメリットは、CTによって今まで見えなかったものが見えるようになり、今までわからなかったものがわかるようになった結果、診断精度の向上によって治療結果と安全性が格段によくなることです。

そしてただ一つの平面的画像から立体の実物を何となく想像するのではなく、多方向や立体的なご自分のありのままの画像を目の前で直接ご覧いただけますので、現状や治療計画へのご理解とご納得が得やすくなることです。

歯科医療は歯など治療する対象が大変小さく、繊細な手技が要求される医療です。
医科用CTと歯科用CTでは元来観察する対象臓器が違うために、医科用では画像のち密さに満足のいく情報を得ることが難しい事情があります。
また当院のCTは医科用CTよりレントゲン照射量が少なくてすむメリットもあります。

さらに院内にCTがあることで、わざわざ他の場所に撮影に出かける手間と時間が必要ないことや、インプラント手術中など撮影が必要なその時にその場で撮影ができて、安全性と正確性の確認ができることも大きなメリットです。

 

CTが有用な治療とは?

 

 

インプラント治療 インプラントの術前検査、手術中の確認と術後の評価に大変有用です。
インプラント治療を行う際には、歯の状態や骨の量、神経の位置などのあごの解剖学的構造を正確に把握しておく必要があります。
今まで歯ぐきを切開してからでないと見えなかったこれらの詳細な状況を、術前にCTで3次元的に手に取るように知ることができます。
このおかげでインプラント治療の可否やその場所の骨がしっかりしているか、手術位置や角度、深さなどが事前に正確に判断と決定ができ、治療の安全性と確実性につながっています。

 

歯周病治療 歯周病の診断と治療結果の評価にCTは大変有効です。
歯周病が進むと細菌の感染によって歯を支える骨が溶けてしまいます。
そのため骨がどのような形態をしているか正確に把握することが治療には不可欠ですが、従来の平面的なレントゲンでは限界がありました。
CTによって歯の周囲の骨の破壊の程度が立体的に把握でき、歯周病の進行度が正確に診断できます。
どのような骨の無くなり方をしているかで治療の方法が変わってきますので、状況に合った最善の治療計画を立てて、歯の寿命の延長など治療結果の向上につながります。

 

外科治療 あごに埋まっている歯を抜歯する時には、歯の根の位置や方向を正確に確認する必要がありますが、これには3次元立体的に観察できるCTが大変有効です。CTでしかわからない情報もあります。特に親知らずのそばには太い神経がある場合もあり、慎重と注意が大切です。
歯を支える骨をどの程度失っているのか、病巣の立体的な大きさの判断、歯の根にヒビや割れがあるのかなど、その歯を抜歯をせざるを得ないのかを確実に判断する際にもCTは役に立ちます。

 

歯の根の治療 病気と闘うにはまず相手を正確に知ることが大切です。
歯の中に通っている神経は非常に複雑です。さらに従来の平面的なレントゲンでは2本の根が重なって映ってどちらに病巣があるのか正確に診断するのは困難でした。
それがCTによる立体的な病巣の位置だけでなく歯の根の形や曲がり具合、数、方向や長さまで非常に多くの正確な情報によって、治療方針や治療結果がずいぶんと変わってきます。

 

矯正治療 骨の中に埋まっている歯を矯正治療する際に、従来のレントゲン装置では2次元の平面的な情報しか得られず、正確な位置関係を把握することが困難でした。
また歯は動かすことができる範囲が決まっており、それは歯を支える骨がどこにどの程度あるかによって決まってきます。
こうした問題を歯科用CTによって歯の位置や骨の量を3次元的に詳細に確認できるので、矯正治療に大いに役立ちます。

 

当院のCTについて

 

同じCTという名称でも、一般的に歯科用CTはその構造と撮影範囲から医科用CTに比べてそもそも線量が約1/10〜1/100程度とかなり低いものです。

さらに当院はその歯科用CTの中でも低い線量で撮影できるCT(歯科界で定評あるドイツSIRONA社製 ORTHOPHOS XG3D)を導入しています。 驚くことに歯科用CTの中でも線量が一桁違うメーカーもあり、かなりばらつきがあるからです。

当院CTの1回の線量は、日本人が平均的に1年間に浴びる太陽等に含まれる自然放射線量1.48mSvのわずか1/30未満の0.048mSvですのでご安心ください。
非現実的なお話しですが、年間30回撮影しても日本人年間自然放射線量未満です。
また海外出張の多いビジネスマンに例えると、この撮影線量は東京〜ニューヨーク間を航空機で往復する際の自然放射線量の1/4(ハワイ片道に満たない量)です。

これは旧来のアナログ歯科用パノラマフィルムを撮影する線量以下です。デジタル化と機器の進歩で従来の通常撮影線量以下でCT撮影が可能になりました。

それでも撮影は必要最小限にとどめるべきだと考えています。
このような事実から、当院では治療上安全や確実性のために撮影することの利点が大きい場合にのみ撮影をお勧めしております。

 

 

ページトップへ

 

インプラント第三の歯インプラントインプラント治療の流れインプラントの種類・メンテナンスへインプラント治療の実際入れ歯製作の流れ 快適な総入れ歯入れ歯製作の流れへ口元大丈夫ですか?高岡歯科医院案内 健口倶楽部へ 高岡歯科院ブログ:歯がなくなったら?はこちら

JR三鷹駅北口徒歩1分 高岡歯科医院 日本抗加齢医学会専門医
〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-2-3 ミタカハイム1F
フリーダイヤル0120-68-0422 TEL:042-260-2400